肩こりの薬最安値

おすすめの肩こりの薬が最安値で買える通販は?

私がおすすめする肩こりの薬はテルネリンです。
オオサカ堂ではこのテルネリンの海外版(シルダルード)が120錠で3,358円(送料無料)で購入することができます。

 

 

商品名:シルダルード(海外版テルネリン)2mg 【1箱30錠】
販売価格:
 1箱(30錠)1,326円
 2箱(60錠)2,006円
 3箱(90錠)2,739円
 4箱(120錠) 3,343円←1錠あたり28円安い!
送料:無料
製造メーカー:Sandoz
販売サイト:オオサカ堂

 

>>シルダード(海外製テルネリン)が最安値で買える通販はこちら

 

テルネリンは安全か?

 

テルネリンの副作用は
販売サイトには次のように書かれています。

 

血圧低下、眠気、頭痛・頭重感、めまい(回転性めまい、浮動性めまい)・ふらつき、口渇、悪心、食欲不振、胃部不快感、腹痛、下痢、AST(GOT)、ALT(GPT)の上昇、発疹、皮膚そう痒感、脱力・けん怠感

 

ショック、急激な血圧低下、心不全、呼吸障害、肝炎、肝機能障害、黄疸などの症状が現れる場合があります。
その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

 

原則として、すでに病院でテルネリンを処方されており、テルネリンの服用方法、効果、副作用を理解した方で、自己責任で購入してください。

 

テルネリンを服用したことがない方、不安のある方は購入しないようおすすめします。

 

ネットの口コミは

 

・この薬の成分は日本でも扱われているようですので安心しています。
副作用も無かったですよ。

 

・副作用もあまり出ず(眠気とか)案外使える薬と思います。

 

・副作用で少し眠気がありますが、普通に生活していれば全く気にならない程度です、ですが車の運転は控えます。

 

・1回に半錠だからか効き目はマイルドですが、副作用はありません。

 

・眠くなる等の副作用は私はありませんでした。

 

こんな口コミ(副作用がある)もあります。

 

・眠気以外は副作用も感じず、筋肉疲労や腰痛への効果はまずまずでした。

 

・副作用の睡眠作用が半端なく強いです。

 

・副作用の眠気がすごいです。

 

副作用対策で次のようなことをしている方もいます。

 

・副作用の眠気コントロールのため、分割して飲んでいます。

 

・副作用で眠気があるので、寝る前にこの商品を飲んで、朝と昼はミオナール錠を飲んだりで、飲み分けしていました。

 

眠気以外の副作用もあるようです。

 

・最初の頃は眠気と体のだるさがありちょっと使えないなーと思ってましたがなれると眠気くらいの副作用で済みます。

 

副作用に対して

 

眠くなる副作用を感じる方がいるので、
飲む時間を調整する(昼間は飲まない)
車は運転しない
量を調整する(ピルカッターで半分にしてみる)
など、自分にあった服用方法を見つけてください。

 

ネットで聞いた、肩こりの対処法

 

薬以外にもいろいろ肩こりの対処法があるので紹介します。

 

・肩甲骨はがし
・できるだけこまめにストレッチをする。
・温泉などの広い湯船で平泳ぎと背泳ぎ。
・自宅で肩こりに効くヨガポーズをしたら軽減されました。
・ウェーブストレッチリングという器具を使って肩をマッサージする
・お風呂上がりなど血行が良い状態で、肩甲骨はがしをすると肩こりに効きます。
・中山式快癒器という指圧器具で首筋や肩、背中や腰を指圧すると楽になります。
・血流が悪いと老廃物がたまって肩こりが起こるので、入浴をして血行をよくする。
・日帰り温泉のジェットバスに入ることです。肩マッサージから腰までゆっくり寝ながら温まると肩こりも解消されます。
・肩に電子レンジで温めた濡れタオルを直接乗せて、しっかりと肩を温めて血行をよくすると肩こりがかなり改善します。
・肩を8割の力を入れてぐっと持ち上げる。そのまま15秒キープ。一気にストンと肩の力を抜く。これを2,3回繰り返す。
・四つん這いになって、手の幅を肩より広く取り、軽く腕縦伏せをします。肩甲骨を伸ばす様な感じでゆっくりやってみて下さい。
・壁に向かって、両手を上げて壁に手をついて、肩を下げるように体で壁を押します。後は、ゆっくり肩を回すように腕を回します。
・背中、心臓の真裏辺りの皮をパートナーにつまんで揺すってもらいます。血流が一気に良くなって肩こり、イライラした気分に効果があります。
・主人に首を吊るような感じで持ち上げてもらう。
・入浴後にストレッチ(肩甲骨を柔らかくする)を行う。
・枕をしようせずに寝る。
・夜お風呂上がりにヨガで肩周りを解すことで、一日の疲れがすっきりして熟睡できます。おすすめは下を向いた犬のポーズ、針の糸通しのポーズ!
・下記URLの動画が一番効果を実感しました。
 https://www.youtube.com/watch?v=1ZSKFKmLeWw
・腕を曲げて、拳を鎖骨のあたりにもってきてひじを突き出す。そして、腕をグルグル回す。反対回りもやる。1日に何回もこれをやると緩和します。
・一番はアロママッサージをしてもらいにサロンへ行くことです。優秀なセラピストさんならしっかりとコリを捕まえてリンパとかも流してくれます。
・私が実践して解消できた肩こりの対処法はお風呂の中で両肩を上げて伸ばした後に左右に伸ばすという動作を5〜10分くらいかけて行うことです。
・マッサージだけでなく、姿勢をよくしたり矯正すると、根本から良くなっていきます。
 特に肩甲骨のあたりを動かして軟かくすると楽になります。
・肩回しです。肩を限界まで大きく、伸ばすように、肩甲骨を動かすように前後回します。このときに首もまわすとより血流がよくなって効果があるような気がします。
・腕立て伏せなどのトレーニングが有効だと思います。肩の筋肉である僧帽筋を動かすことによって血流を良くすることによって解消するのでこの解消法を行っています。
・ストレッチバーを使用した肩甲骨のストレッチがおすすめです。背骨に沿ってストレッチバーに乗り、手を目の前に上げ、重力で肩を落とすストレッチが効果的です。
・運動不足の時には肩こりに悩まされていましたが、筋トレとランニングを始めてからは肩こりがありません。ですので、筋トレとランニングを強くお勧めいたします。
・自分で揉んだりもしますが、温めるのが効果がありました。あずきのチカラで肩から背中にかけて温めると楽になります。その上で、ストレッチをするとより良いです。
・整体師から教わった方法です。両手を合わせた状態で腕を真っ直ぐ頭の上に上げ、そこからできるだけ背中のほうへ両腕を広げつつ回します。肩周りの筋肉がほぐれるそうです。
・肩がこるとき私は姿勢を見直してみます。私の場合肩こりの原因の多くは姿勢から来ることが多いです。首の位置、重心、その他の筋肉を意識して姿勢を調整します。
・同じ姿勢の多い仕事、パソコン業務が多い私にとって、1番効果的な方法は肩甲骨はがしです。体が固い私には自分で肩甲骨はがしを行うのは難しいため、旦那に手伝ってもらっています。
・肩凝りは筋肉が固まっているからと教えてもらったので、とにかく時間を見つけてはグルグル腕を回しています。基本は両腕を回していますが、いたい方の腕を回す時もあります。
・お風呂にゆっくり浸かる。
・バランスボールを使って肩こり解消のストレッチを行う(毎日)。
・ラジオ体操をする。
・パソコンやスマートフォンをなるべく見ないように気をつける。
・肩がこる原因としてよくあるのが、肩に力が入って上がったままの姿勢が続くことです。肩に力が入っているな、と気付いたときに、肩の力を抜くか肩を下げることを意識すると、肩こりが楽になります。
・人前ではできませんが、シャドウピッチングをやって肩こりを軽減しています。左右やります。最近はマエケン体操(ドジャースの前田投手が両肩をぐるぐるまわす運動)のほうが効果があるように感じます。
・眼精疲労が肩こりの原因になるので、たまに窓の向こうの遠くの景色をみています。また同じ姿勢も良くないので、そういった意味でも30分に一度は意識的に立ち上がったり、できたら少し歩くようにしています。
・肩こりの対処法は肩をぐるぐる回すことです。少し意識して動かすと私の場合は肩こりが解消されます。逆に凝ってきてる時は肩を動かす意識を忘れてる時で、何かにずっと集中していることが続くと肩こりになります。
・すぐに肩こりを緩和したい時は、以前ピラティスの先生に教えてもらった運動をします。前習いをして、肩甲骨でモノを挟んだり離したりするような感じで前後に動かします。すると肩甲骨の辺りから体が温まり、肩こりも緩和します。
・一時的な肩こりの解消には、お風呂でのシャワーが効果的です。痛いと感じるところへ温かいシャワーをあてることで、肩こりが解消されます。たとえば、左肩が痛い場合は、右肩へ首をかしげてから、左の痛い部分へシャワーをあてるといいです。
・デスクワークを長時間続けてしないようにしています。例えば、1時間デスクワークをしたら、軽く体を動かして肩周りのストレッチをしたり、目を休ませます。特に肩がこっていると思う時には、熱いシャワーを頭や肩に当てながらマッサージします。
・マッサージに行くのが一番いいですが、自分でするおすすめの肩こりの対処法は体操です。真上に上げた肘を逆の手で持って筋肉を伸ばしたり、片方の手で頭を持って筋肉を伸ばしたりすると効果があります。トイレに行ったタイミングでよくするようにしています。
・月並みな方法ですが、まず、伸びをしたり腕を回したりして、肩の血流が良くなるようにします。さらに腰も回したりして、肩だけではなく、上半身全体の血行を促します。加えて目の酷使が肩こりを招いていることも多いので、目を休めたり、目薬をさして目を潤したりもします。
・デスクワークなどが続くと肩こりが続くと思いますが、私は下記2点を試しております。
@肌につけられるアロマオイル(ペパーミント)でのマッサージ
Aオフィスワークの際1時間ことに首と肩を回す
B入浴後のストレッチ
C睡眠時の枕を自分に合うものに変える
・お湯に浸したタオルを、5分間ほど肩こりが酷い場所に張り付けます。それを3回くらい繰り返すと、ほどよく汗をかきますし筋肉もほぐれるので肩こりが楽になるように感じます。できるだけ熱いお湯がいいので、絞るときは火傷をしないように手袋を使用することをおすすめします。
・肩こりの原因は血流の悪さから来るものですから、立ち上がってストレッチをすると良いです。
 眼精疲労からも肩こりが起きますので、目薬をさして暫くの間目を閉じていても効果があります。
 慢性の場合は軽いウォーキングでも良いので、運度を続けると少しは解消されます。
・手を方にあてながら、肩甲骨を回すようにグルグルと肩を回します。
 そうすると、肩こりが楽になります。
 他には、湯船に20分くらい胸くらいまで毎日つかることで、肩こりにならないようにしています。
 デスクワークをするときに、同じ姿勢にならないように椅子の高さを定期的に上下させることで、背中や肩が固まらないようにします。
・肩こりを解消するには「腕立て伏せ」が最適。
 殆どの場合は首から肩・背中に繋がる筋肉と、肩甲骨周りの筋肉を解せは解消・予防できます。
 やり方は以下の通り。
 うつ伏せになり肘が90度になる幅で手をつく。
 肩甲骨を背骨に寄せる
 膝は着いたままで背中を持ち上げるイメージで腕を伸ばしてから元の位置に戻る。
 これを5?10回行う。
 首から背中にかけての僧帽筋とその内側にある筋肉をストレッチさせることになり血行も良くなります。
・僕がおススメする肩こりの対処法は2つあります。まず1つ目は誰でも出来ます。それは「首の裏を42度のシャワーに数分当てる」です。肩の疲れの元は首から来ていると様々な人から言われ、試した方法で、効果がありました。そしてこの方法は肩こりだけでなく、自律神経も整えてくれたのでお勧めです。
 2つ目の対処法はある程度頑張らなければいけません。それは「適度な運動」です。僕はジョギングを毎日40分ほどします。これを1年続けたのですが、肩こりがなくなった気がします。肩を触ってみても前ほど固くもないので効果があると思います。
・肩がすでに強く凝ってしまっている際は、揉む・伸ばすなど無理に筋肉をいじると痛みにつながるので、まずは部位の安静が第一だと思います。つまり仰向けや横向きに寝るか、会社や電車では頭部を後ろに凭れさせて、しばらく肩甲帯周囲の負荷を除いてあげるのが良いと思います。ストレートネックなど自分では気づかない特徴の影響が強いこともあるので、慢性重度肩凝りの方は整体師やPTなどの専門家に相談すると良いと思います。そこまでではない場合、湿布薬もお勧めです。個人的には「ボルタレンローション」の塗布が、効果と使い勝手が最も良いです(貼るのと異なり汗で剥がれる問題がない為)。

 

 

1)ピラティスに通うこと。
理由:ピラティスは、もともとリハビリを目的に開発されたヨガ+ストレッチを組み合わせたプログラムですが、現在は、スポーツ選手、ダンサーなどの体幹を鍛えるために主に行われています。
的確な部分を緩めることができるので整体に行くのと同じ効果が得られます。(ディスクワークが多い自身の体験談)

 

2)毎日入浴する
理由:暑い日などシャワーで済ましがちですが、しっかり湯船に浸かることで血行を良くし、肩こりになりにくくなります。(ディスクワークが多い自身の体験談)

 

3)スキマ時間に腕を根元から回す
理由:ピラティスに通って得た知識です。根元から回すのが重要で
肩甲骨、鎖骨あたりまで動かす意識で回します!

 

驚くかもしれませんが、小麦粉製品と砂糖を摂るのをやめると肩こりは治ります。
私自身がたまたま別の目的で小麦粉と砂糖の摂取をやめた時期があったのですが、それまで美容師さんにも戦慄されるほどの肩こり持ちだったのに、始めて2週間ほどでピタッと不快感が無くなったのです。再び摂取するとまた肩が重たくなってきたので「これは怪しい」と思い、まわりの四十肩・五十肩・若い肩こり持ちに片っ端から薦めてみると、小麦粉と砂糖の摂取をやめることのできた人は肩こりから解放されたと大興奮で報告してくれました。
ただ、この2つの摂取をやめることは言葉で言うほど簡単ではありませんので、気軽にできる対処法ではありませんが、「肩こりが私の人生を地獄にしている」というほど追い詰められている方にはぜひとも試してみてもらいたい方法です。

 

水泳ができる人はクロールで泳ぐと良いです。両方の腕を回していくので、肩甲骨辺りの筋肉がクロールの泳ぎで緩ませることができるからです。筋肉を使う方が良いので、平泳ぎや背泳よりはクロールの方が筋肉は緩みやすいです。
長年、肩こりに悩まされて、子供が背中の上に乗っている様な感じの時もありました。原因はデスクワーク仕事が多かったからでしょう。鍼灸院にも行き、鍼でほぐしてもらっていますが、お金もかかるので、頻繁に行くことはできません。治療時間が1時間かかったとし、2週間に一回通うとします。2週間(14日x24時間=336時間)の内、治療で1時間身体をほぐすだけでは、足りません。結局、日頃から、ストレッチを行なうこと、床にソフトボール1号を肩甲骨に下に置き、腕を回します。一か所辺り、数分程度で良いです。これを左右行ないます。また、凝っているであろう首辺りにも、ソフトボールを置き、ぐっと、自分の体重をかけてほぐします。経験的にゴルフボールでは少し小さい感じがします。ソフトボール3号では大きすぎるので、1号辺りが丁度良い感じです。無理にごりごりと痛くなるまで行なうのではなく、ゆっくりと呼吸をしながら、痛気持ち良い程度で行なうのがコツです。肩こりが酷いと急に筋肉をほぐすことは難しいかも知れません。その様な時はお風呂に入って身体を温めた後に、行なうことがコツです。1か月、2か月単位で様子を見ていくと、実感が出てきます。あまり強い刺激を加えて、その刺激に慣れていくと、もっと強い刺激でないと効果が出にくくなるので、程よい感じ(痛気持ち良い程度)で続けてみて下さい。

 

たくさんの対処法がありがとうございます。
みんさんの参考になればいいなと思います。

 

このページの先頭へ戻る